看護の専門性を生かし、看護ケアの継続性、個別性、セルフケア能力の向上を目指しています。

看護部長あいさつ

「仏の里・昭和の町」豊後高田市の地域No.1病院を目指して、より良い看護、介護サービスの提供に努めています。 やりがいのあるこの仕事に、あなたも是非御一緒に参加して頂けませんか?お待ちしています。

看護部長 一宮マリ子
看護部長
一宮マリ子 いちみや まりこ

看護部基本方針

「豊かな心と感性をもち、人間尊重に基づいた質の良い看護を提供します。」を合言葉に、地域の皆様から選ばれる病院を目指して職員一同頑張っています。
 

看護部の目標

  1. 患者さまの権利を尊重し、看護行為のひとつひとつが説明と同意に基づいた上で行われるよう努めます
  2. 地域の皆様から信頼される安全で温かな看護に努めます
  3. 医療・福祉のサービス提供支援
  4. 常に良質な看護が提供できるよう研鑽、努力を続けます
  5. 皆様の健康増進、疾病予防のためのライフサポーターとして、お手伝いします
  6. 他部門との連携を強化し、地域の皆様へ医療、介護、福祉の橋渡しができるように努めます

看護部の特徴

オーダリングシステムの導入や、10:1看護配置基準取得
他部門との連携により、看護師本来の業務に集中できるように配慮しています。
看護学生臨地実習や地域の高校、中学などの職場体験受け入れなど、共に学び環境づくりに力を入れています。
学ぶ意欲のある職員には、研修参加しやすいシステム(勤務扱いでの参加や費用の補助など)もあり、自己成長できるように応援しています。
【看護方式】
  • チーム及びプライマリーナーシング
【勤務形態】
  • 【一般病棟、療養病棟:2交代】
  • 【外来:日勤、夜勤者は2交代】
  • 【手術室・中材、透析室:日勤(時間差あり)】
【委員会活動】
  • 教育、記録、業務、感染対策、医療安全、褥瘡、NSTの委員会が、それぞれの課題や改善、資質向上のための活動をしています。

看護部の特徴

【院内】
  • 「部署別研修」部門別研修」「院内全体研修」の3部構成
  • 看護部コース別研修
  • 「看護研究発表会」「看護・介護を語る会」を年1回開催
【院外】
看護協会、各種団体主催の研修に参加(研修参加費用の補助あり) 。
自己成長できるように応援しています。
  • 看護ファーストレベル研修終了…7名
  • 看護セカンドレベル研修終了…2名
  • 臨床指導者研修終了…11名
  • 緩和ケアナース養成研修終了…1名
【学会発表】
大分県病院学会、大分県看護研究学会、地域医療学会、糖尿病学会、褥瘡学会、透析研究会、難病ケア学会、大分緩和ケア研究会 など