看護の専門性を生かし、看護ケアの継続性、個別性、セルフケア能力の向上を目指しています。