~心のかよう病院を目指して~私たちは地域に根ざし、皆様と心の触れ合える病院を目指します

理事長 瀧上 茂 ごあいさつ

理事長:瀧上 茂

当院は昭和44年、整形外科単科の病院として開院しました。その後、豊後高田市および宇佐市の近隣地域の医療を担うべく、関係大学の支援のもとで診療科の増設をはかり、現在に至っております。  
  この間、平成14年に新生会 高田中央病院と病院名が改名され、更に急性期~慢性期の医療の提供と共に、介護、福祉施設やサテライトクリニックを設置、地域の医療・介護・福祉、保健事業への一翼を担ってきました。  
 平成26年、国は2025年問題へ向け「医療・介護・総合確保推進法」を制定しましたが、当地域においても、効率的かつ質の高い医療提供体制を構築する為の地域医療計画の策定、および包括ケアシステムの構築が急がれています。その中で、新生会 高田中央病院は、地域医師会、市行政等との連携を更に深め、その達成に向け自身の役割を果たせるよう精進して参ります。
  我々は、常に、全人的医療を自覚し、その主体は、患者様にあるという認識を持ち続け、今後も「心のかよう病院を目指して」、更に良質な医療・介護・福祉の提供を職員一丸となって行って参ります。皆様におかれましても、これまでにも増して、多くの御指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

院長 小田 孝明 ごあいさつ

院長:小田 孝明

私が、平成9年に高田中央病院に就職して早十数年が経過しようとしています。 この間に、高田中央病院を取り巻く環境は大きく変わりました。患者様の年齢が高齢化しただけでなく、医療従事者も高齢化してきています。 その中にあり、我々は、「地域に根差し、地域の人たちと心の触れ合える病院を目指す」という理念の下、地域医療に取り組んできました。

地域医療を担うためには、経営効率を上げるために専門分野に特化するということをせずに、救急から介護まで、幅広い分野で地域の要求にこたえる必要があります。
日本は今、少子高齢化・人口減少という問題に直面していますが、当地域はその最前線にあり、誰も経験したことのない状況へと向かっています。 国策として、介護のための人材を海外に求めたり、移民も検討されている状況です。

このような環境の中にあり、我々の病院の役割は、地域医療の在り方を創造していくことだと思っています。 今後とも、職員全体が心をひとつにして、地域の方々の期待に沿えるように、努力して参ります。



受付時間のご案内
bnr_img2
各診療科で受付時間が異なります。詳しい受付時間は受付時間のご案内ページでご確認ください。

病院敷地内の禁煙および禁煙外来について
電子カルテについて
日本医療機能評価機構について
「えるぼし認定企業」女性の活躍を推進しています
高田中央病院公式Facebook
高田中央病院公式Facebook
携帯サイトのご案内
QRコード
当サイトは、各社携帯端末及びスマートフォンでもご覧になれます。QRコード対応の端末は、上記のコードを読み取るだけで簡単にアクセスできます。